ぼくの好きなニャンコ先生

いつもネコとしているお話の続きかな?

10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

JR 新札幌→夕張  

こんにちは、
ニャンコ先生です。
今日は、JRで夕張へ行ってみようと思います。
電車

片道1750円です。
10:18新札幌→千歳(乗り換え)→新夕張(乗り換え)→12:22夕張到着
2時間10分かかります。
途中、千歳と新夕張で乗り換えがあります。
1両編成のワンマン列車です。なんとも、あっさりした車両です。
客席
乗客2名です。
今日は、とても、いいお天気なのにもったいないですね。
パークゴルフをして、温泉なら、
年配の方々なら、このほうが、ずっと楽だと思います。

やがて、列車は、千歳へ。
千歳を出発するとすぐに千歳川を通過。
先行方向右側は、千歳空港がみえます。
左側の車窓には、遠くこれから向かう夕張山地がかすんでみえます。

南千歳
アウトレットモール「レラ」です。
2名乗車です。
何となく窓をあけたくなりますが、
このあたりには、鶏の鶏舎があるので、我慢しましょう。
通過列車待ち
南千歳
もう、牧草のロールが巻かれています。窓を開けられる列車です。
わっ!!
右側を特急が通過。
これが、好きな人以外は、やはり、この旅、左側の座席がお勧めです。

やがて、トンネル、トンネル、そして、追分です。
追分

ここでは、少し乗客の乗り降りがあります。
昔から、追分。鉄道の分岐点です。
東追分の駅は、トウモロコシ畑の中。
そして、ちらちらと、サラブレットの牧場が。

川端駅
ここの駅には、隣接して、パークゴルフ場がありました。
川端

川端駅を出発、すぐに、川端のダムがみえます。
そして、いよい夕張にはいります。
滝ノ上駅の周辺
滝ノ上公園があります。
春は、桜が、秋は紅葉が見事です。
それから、ここらは、いつも、ネズミ捕りがあります。
滝ノ上駅をでるとしばらく、夕張川の川景色が楽しめます。
昔は、真っ黒なコーヒー牛乳色の川でした。
十三里をすぎると、長いトンネルです。
ここを抜けると、紅葉山つまり新夕張です。
新夕張には、おむすび屋さんがあります。
omusubi
乗り換えです。ここが、夕張行きと石勝線の分岐点です。
もう、列車がきていたので、おむすびは買えませんでした。
omusubi
列車は、すぐに、夕張川をわたります。
車窓から、おにくび山と雨霧山がみえます。
沼の沢で、12:00になりました。
南清水沢は、新しく町の中学校が集約される町です。
高校もありますし、小学校もすぐ近くです。
何だかすごい街づくりですね。
続いて、清水沢駅です。
simizusawa
この駅の手前に踏み切りがあります。
ここから、北に向かうと国道452号大夕張です。

次は、鹿ノ谷ですが、途中「若菜」という町があります。 
トンネルを抜けると、大きな、ズリ山がせまります。
サッカーのすばらしいグランド、内外野芝の球場、そして、ユーパロの湯。
幸せの黄色いリボンのセットもここの町の山の中にあります。
若菜→千代田→鹿ノ谷となります。
千代田を中心に隋北、隋南とよんだりします。
曲がりくねった峠、トンネル、これが、昔からの車の主な玄関口となっていました。
道道3号線、北海道で、3番目に作られた、主要道路だったわけです。
sikanotani
トベックス
鹿ノ谷です。丘の上に新しい体験宿泊棟が見えます。
そして、末広をぬけると終点夕張となります。 
夕張
お疲れ様でした。
終点夕張です。
でも、本当の夕張は、ここからはじまります。
夕張駅
これから、この町を紹介していきます。
どうぞ、お楽しみくださいね。

ニャンコ先生でした。
スポンサーサイト

テーマ: 北海道

ジャンル: 旅行

未分類  :  trackback 0   :  comment 0  : 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://osio83.blog10.fc2.com/tb.php/2-4836a3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。